SSブログ
前の1件 | -

NHK連続テレビ小説103作目朝ドラは「おちょやん」第113話と第114話のあらすじ。 [ドラマ]








nhk朝ドラおちよやん



NHK連続テレビ小説103作目朝ドラは
「おちょやん」


女優の道を生き抜き、
「大阪のお母さん」と呼ばれるようになるまでなった、
ひとりの女性の物語。
舞台から出演者の自己紹介が始まった第1話。
上方の浪花千栄子さんを題材に。
戦前から戦後の大阪で貧しく生まれた少女が
女優を目指す生涯をフィクションで描く。
語りは桂吉弥さん。
黒衣役で登場人物にツッコミを入れつつ
物語の解説役を務める。
第23週”今日もええ天気や”
に入ります。

第113話のあらすじ。


春子を連れ、2年ぶりに道頓堀に帰って来た千代。
シズやみつえたちと再会を果たす。

聞きつけた鶴亀新喜劇の団員も岡安うどんに押し寄せ、
新しい家族が出来たと喜ぶ春子の笑顔に
千代も救われるのだった。

鶴亀の芝居やるかやらへんか誰も
聞けえいまへなんだな。
みんなこないして会えただけで十分嬉しいんですと寛治。
桂春団治はすばらしい芝居です。
一平さんは身を削る思いで書き上げはった…。
子供のため、灯子さんのため、
鶴亀新喜劇のため…ほんできっと千代さんのために。
僕はいつか喜劇人として一平さんを超えてみせます。
千代さんには聞いといてもらいたかった。



夜、看護婦になりたいという春子の夢を
応援しようと切り出す千代だったが、
勉強が苦手な春子の「無理な夢は最初から諦めるべき」
という態度が気にかかる。
算数や理科はいくら頑張ってもいっこもできひん。
無理なもんは無理や。
やってあかんねやったらはなから
やれへん方がええやん。


夜も更け、千代は一平が書いた台本を開く…。
芸人の苦しさは分かっても人間の苦しさが
分かってへんのや。
師匠、腹が立ったらわての言葉
ようかみしめて考えとくなはれや。





あくる日、春子をシズらに頼み、
千代は熊田に電話。
一平と灯子に会う千代。
結局お前を追い出すようなことになってしもて…すまんかった。
灯子と一平は頭を下げる。
顏、上げとくれやす。
うん、うん…よし、だんない。
大丈夫や。
ずっと怖かったんだす。
あんたらに会うてしもたらまたあの時みたいに
お芝居できへんようになってしまうんやないかて…。
やっとのことでラジオドラマに出て、
どないかこないか皆に喜んでもらえるようにもなって…。
もうこれでええ昔のことはみんな忘れようて
自分に言い聞かせてました。
ほったらあかんもんまでほってしまうとこやった。
やっぱりうちは道頓堀が大好きだす。
もっぺんあこて芝居がしたい。
今回の鶴亀新喜劇へのお誘いお引き受けさしてもらいます。

うちな、テルヲの血を引いた姪を養子に迎えましたんや。
うちらの喜劇を娘に見せたいんだす。
一平は何回もうなづいて
たとえ一日でもやるからには手ぇ抜かへんで。
望むところだす。
新平の泣き声。

灯子、あんたその子を大事に育ててはりますのやな。
ほんまに偉いなあ。
うちも負けてられへん。
泣く新平を抱きながら涙する灯子。
強いお母ちゃんにならな。


あと木曜、金曜で最終話。
とにかく寂しい。





SPONSORED LINK



第114話のあらすじ。



道頓堀を発つ日、春子を岡福に預けて、
千代が向かった先は一平のもとだった。


2年ぶりに一平と灯子と対面する千代。
道頓堀で芝居をしたいと正直な気持ちを伝える。
そして、娘の春子に喜劇を見せるために、
鶴亀新喜劇の舞台出演を引き受けたいと申し出るのだった。



夕方、岡福に帰った千代は、
この決断を真っ先に春子に報告する。
女優・竹井千代が道頓堀の舞台で
再び芝居をする日がついに実現する…。





最終週。
5月14日が最終回。
5月15日は最終週の振り返りです。







SPONSORED LINK








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | -