SSブログ

日本テレビ4月期日曜10時半ドラマは「ネメシス」天才すぎる助手・広瀬すずさん×ポンコツ探偵・櫻井翔さん。第4話と第5話のあらすじ。 [ドラマ]







日本テレビ ドラマ 4月


日本テレビ4月期日曜10時半ドラマは
「ネメシス」



天才すぎる助手(広瀬すず)×ポンコツ探偵(櫻井翔)
極上のミステリーエンターテイメント開幕!



映画「22年目の告白―私が殺人犯です」の映画監督
入江悠さんが仕掛ける完全オリジナル脚本の
ミステリーエンターテイメント!



気鋭の推理小説家たちがトリックを監修!
そして、超豪華キャストが集結!
”すべての事件が、最後の謎につながる”


「ネメシス」とは、
正義の鉄槌で悪を砕くギリシャ女神。
そんな名前が付けられた謎多き探偵事務所に集まりし、
天才的ひらめきを誇るが無鉄砲なアンナと、
ポンコツだが人望の厚い自称天才探偵の風真が、
お互いを(主にアンナが風真を!)助け合いながら、
難事件に挑んでいく。


凸凹バディのコミカルで笑えるやり取り、
そして、超難解な謎を解いていく2人の姿。




一話完結の事件と20年前の謎が複雑の織りなす、全10話の物語。
一話一話の事件を解決することで、
20年前の謎の断片が明らかになっていき、
最終回に向けて衝撃の展開を迎える。



総監督は入江悠さん。
脚本は片岡翔さん、入江悠さん。


第1話の視聴率は11.4%
第2話は9.5%
第3話は8.9%
第4話は8.3%


SPONSORED LINK



第4話のあらすじ。

“AIという名のもとに”
ついに動き出した黒幕!
犯人は誰だ?
女子高で起きた教師の自殺…
JKに変装して潜入捜査するアンナ。
そして、まさかのタカ&ユージと手を組む風真。
一方、20年前の事件の黒幕が動き出した!
果たして


横浜・八景島シーパラダイスを、連続爆弾魔”ボマー”から
救った「探偵事務所ネメシス」。
天才助手の美神アンナは、この事件を機に知り合った
天才大学生の四葉朋美(橋本環奈)とすっかり意気投合。
朋美は事務所にもちょくちょく遊びに来るなど、
すっかり”チームネメシス”の一員に。



そして今回の依頼者は、エリート女子高に常駐する
スクールカウンセラーの雪村陽子(村川絵梨)。
美術教師の黒田秀臣(水間ロン)が、昼休みに窓から校庭に転落。
学校側は自殺で片付けようとするが、雪村は他殺を疑い
犯人を突き止めて欲しいと自称・名探偵(実際はかなりのポンコツ)の風真に懇願する。



一度は依頼を断るよう風真に資する社長の栗田一秋だったが、
雪村の勤務先が”デカルト女学院”と聞くと、なぜか突然快諾。
アンナをインドからの転入生として学院内部に潜入させ、
風真は警察のタカ&ユージと共に外側から堂々と捜査を開始する。




JK達にチヤホヤされ分かりやすくテンションが上がる風真だったが、
名門であるこの女学院は何より学院の名に傷がつくのを恐れていた。
厳格な教頭の南禅寺光江(MEGUMI)は、捜査を16時までには
必ず終わらせることを要求。
生徒120人や教員たち20人、事務と用務員合わせて12人
全部で152人で一人10分として25時間20分かかる計算、
聞き込み時間が全く足りない中、
風真が急遽呼び出したのは、17歳にして世界から
注目されるAI開発の天才=姫川烝位(奥平大兼)。
かつて塾の講師をしていた風真の教え子だという姫川は、
理屈っぽい変人キャラではあるが、JK達が(風真のことはすっかり忘れ)
メロメロになる程の若きイケメン!
風真はどれだけの職業を経験しているのか?


あっという間に全員のアリバイと証言の真偽をAIによって
割り出すことに成功し、アリバイのない4人を絞り込む。
西野歩美、南今日子、夏本レナ、雪村陽子。
スクールカウンセラーの雪村陽子は
1階のカウンセリングルームに一人でいた。
3年A組の西野歩美と3年B組の南今日子は
12時半、3階の鏡の前でダンス。
用務員の勤続40年・井山清十郎(螢雪次朗))3階の吹き抜けで2人見たよ。
11時半過ぎだ。黒田先生の話でもめてた。
黒田なんか死んじまえ良いのに…
夏本レナは4階の自習室で1人でいたと証言。
レナは黒田先生と付き合っていていつも美術室に入りびたっていたとの
他の女生徒から証言も得られた。



その頃JKとして潜入捜査をするアンナは、
クラスメイト達から黒田が「生徒の夏本レナ(川合優実)と交際していたらしい」
という情報を仕入れていた。
そして、事件は思わぬ方向へと転がっていく…。





一方栗田は、失踪中のアンナの父=始の行方に、
この女学院の出身者である”官容子”が関わっていることを密かに突き止める。
初めて明らかになる菅容子(今村美乃)の顏。
20年前の事件の真相に少しずつ近づいていくが、
何者かが栗田の動きを邪魔している気配も…。
さらなるサスペンスフルな展開に期待しかない!




歩美と今日子が私たちが黒田先生を殺しましたと
タカ&ユージいう。
12時半で間違いないことが分かり…
黒田先生が付き合っていたのは雪村先生。
学校内での恋愛は禁止されていたのでどちらかが学校を辞めなければ
いけなかった。
雪村が怪しいと事情聴取。


この中にいる犯人がいる。
井山は鏡の中の時計を見ていた。
11時半過ぎは12時半過ぎだった。
歩美と今日子は好き同士だった。
そのことを雪村先生は認めてくれた。
だから自分たちが殺したと嘘の自白。
黒田先生が死ねば雪村先生は学校に居られるのに…
黒田先生を殺したのは私ですとレナ。
噂は本当です。
私は別れたいと言ったのに聞いてくれなくて…
それで私が突き落としたんです。
雪村先生をかばいたいのは分かる。
その噂はうそでしょ?
あなたは別の方と交際しているから。
彼女は犯人じゃありませんと平先生。
僕は嘘をついていました。
本当はレナと資料室で会っていました。
雪村は夏本をかばって嘘のアリバイ証言を。
全員4人ともアリバイありで犯人がいない。
AIが証言の不一致を見つけたと姫川。
その時間は平先生と資料を捜していましたと証言した
教頭先生・南禅寺。
黒田先生に特別な感情を持っていた南禅寺教頭が犯人。
他の先生は○○先生と呼ぶのに
黒田先生だけ黒田さんと呼んでいた。
工事現場に黒田を呼び出し水没させた
スマホを拾おうとした黒田先生をめがけて
美術室にあるブロックを落とした。


黒田を脅していた南禅寺はそのことを録音され
公表されたらと思いスマホを盗み黒田を殺した。


事件は解決、
アンナの誕生祝をみんなで。




アンナの父・始の行方を探している栗田は
用務員の井山に菅容子のことを聞くが…


SPONSORED LINK


第5話のあらすじ。
”父の願いに花束を”




女子高の教師転落事故死の真相を、
鮮やかに暴いてみせた”探偵事務所ネメシス”。


ある日、真剣な顔でニュース番組を凝視する
ネメシスの名探偵?=風真尚希。
TV画面にはジャーナリストの神田凪沙(真木よう子/神田水帆と2役)の姿が。
天才助手の美神アンナに、「もしかしてこういう女性が好み?」と
茶化されても珍しく相手にしない風真。



その時アンナが偏愛する謎の料理店=Dr.ハオツーの料理人
=リュウ楊一(加藤諒)が浮かない顔でやって来る。
社長の栗田一秋にうながされリュウが話し出したのは、
ざっと以下の通り。
”天狗伝説”で有名な山奥で”天狗サーモン”という
鮭の養殖業を営む・天久潮(渡辺哲)が、泥酔して崖から
転落しする事件が起きた。
週刊誌は「天狗の祟り!」とあおり、自殺をほのめかす記事を掲載するが、
リュウは社長が転落死する前日に偶然会っていた。
その時の社長は離れて暮らしていた3人の息子達=
長男の一魚(野間口徹)、
次男の二魚(大鶴佐助)、
三男の三魚(堀家一希)が
家業を継ぐために戻って来たことを心底喜んでおり、
自殺するはずがないという。




栗田は3人の息子のうちの1人の経歴に目をとめ、依頼を快諾。
早速真相を探るべく山奥の養殖場に向かうネメシスの3人&リュウだったが、
そこで彼らを待っていたのは不気味な潮の家族たちだった。



3人の息子に加え、潮の義弟=天久洋(渋川清彦)に、
潮の後妻=郁子(ともさかりえ)…保険金、土地の利権、相続、と
何かといがみ合ってばかりの家族たち…全員が怪しい。



風真は失踪中のアンナの父=始(仲村トオル)の同僚の
大和田猛流(石黒賢)にアドバイスを仰ぎながら、
順調に捜査を続けていく。
そんなネメシス一行の様子をじっと観察し続けるのは…天狗
突如、風真の命が狙われる緊迫の展開に!



一方、アンナの父の行方を求め、栗田が密かに追う
菅研究所=カンケンにも新たな動きが…そして
19年前の事故現場(2話)に、なぜか凪沙が現れるのだった…
謎が謎を呼ぶ波乱の第5話!










SPONSORED LINK








nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。